スポンサーリンク

CARDBOARD 意味

cardboardの意味は、和訳すると段ボールです。でも、今の時代cardboardといえばGoogleが提供しているVR(ヴァーチャルリアリティ)のプラットホームのことでもあります。GoogleはVR向けの技術やコンテンツを広めたいとの思いから、cardboardというネーミングで、VRを手軽に視聴できるデバイスやソフトを開発提供しています。
そんな中、cardboardを買っちやいました。

cardboard

買ったといっても手作り感満載の、本当の段ボールがメイン材料の商品です。
取り合えず手軽にVRを楽しむとか、試てみたいといった用途にはドンピシャですね。

買ったのは

cardboard

組み立てるといったほど大げさではなく、ちょっと面を回転させればOKといった感じです。鼻のところのパッドは正解ですね、これがなければ、段ボールの切り□が鼻にあたって痛いでしょう。さっそくxperiaZ3にGooglePlayから、ビューアアプリ(cardboard)をダウンロード。商品についているQRコードを読ませればセットアップ完了です。ただし注意点はAMAZONのレビュー記事にもあったようにヘッドバンドと本体をつけるマジックテープが強力なので、長さ調整でバンドをはがす時に本体の段ボールが一緒にはがれてくることがあります(もうちょっとでおしやかになるところでした)ので、お気を付けください。

cardboard

cardboard組み立て完了

Youtubeにも360°視点の動画もあり、GoogleEarthにもVR対応になっているところがありいろいろ見て楽しめました。このCARDBOARDの仕組み的には、スマホの画面を左右2分割した映像を、左右のレンズを通してみて、立体化するというものですね。


VR映像の基本的な仕組みをこの価格で体験できるのですから一度お試しあれ。このような映像が簡単にスマホとの組み合わせで実現できるのも、スマホの基本機能に、ジャイロセンサーや加速度センサーが組み込まれているからですね。これにより、頭をどの方向に向けたとか、動かしたとかがわかるのですから。
ゲームのようなインタラクティブなものは、操作が必要なので、対応は難しいとは思いますが、それでもこの商品は1クリック(実際には画面をタップすることになる)できる、本体右上に押し込む部分があるのでそれを利用すれば結構楽しめます。まだまだ面白いソフトがありそうなのでそれらを試してみます。
それにしてもSONYのPSVRの製品供給体制はいつになったらよくなるんでしょうかね。現時点でPSVRを購入しようとしたら転売業者の高い商品しか手に入れられないですからね。なぜちゃんと受注生産にするなり、メーカーとして体制を整えないんでしょうね。まだまだほしい人はたくさんいるんだから、ちゃんと作れば売れるのにねえ。

ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク