スポンサーリンク

Windows10インストールUSBの作成

Windows10が不調になったとき、かろうじてWindows10が立ち上がるなら電源を切る(再起動)を選ぶとき SHIFTを押しながら再起動すると、従来のセーフモードなどシステム修復メニューが表示されてそこから修復や、再インストールが可能です。

ただしこの操作ができるのは、Windows 10 Anniversary Update 以降が適応されている場合です。通常Windows Updateを推奨どおり実行していれば、あなたのPCもこれに該当します

しかし、Windows10が起動しないなど致命的なエラーの場合はHDDを交換したりして初期状態からインストールする必要があるかもしれません。そんな時、再インストール用のメディアをUSBで作成しておくといざという時役に立ちます。ここではそんな非常事態に備えて、USBから起動可能なWindows10インストールメディアの作成方法を、まとめてみましたので、参考にしてください。

Microsoftから 「MediaCreationTool.exe」メディア作成ツールを ここから ダウンロードします。

このサイトの
「今すぐアップデート」 の下に
「ツールを今すぐダウンロード」があり、この下に簡単な説明がかかれています。
Windows10 インストールメディア USB
使用するUSBメモリは 4GB以上の空きがあり、インストールPCがUSBからの起動ができるBIOS設定であることなどの条件があります。これをダウンロードし、実行するとUSBメモリを作成することができます。32bitか64bitかや、Windows10の構成 Home か Proかなどの質問にこたえると該当のWindows10をUSBメモリに書き込んでくれます。このときUSBメモリはすべての領域が初期化されるので注意してください。

Win10 再インストール

Win10 32bit 64bit

Win10 USB

Win10 USB

以上のように作業そのものは簡単ですので、非常事態に備えてUSBメモリを作っておいくといいと思います。(専用のUSBメモリを買っておいたほうがいいと思います。現時点では4GBのUSBメモリは非常に安価ですので)

ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク