スポンサーリンク

車載ホルダー CDスロット

スマホ用の車哉ホルダーはゲル吸着盤でダッシュボード上に取り付けるのが一番種類が多くて、選択に迷うくらいです。でも、スマホではなくタブレット(iPadなど)を取り付けるとなると、選択肢が急に少なくなります。ダッシュボードに取り付けるのもありますが、私が迷った挙句購入したのは、CDスロットに差し込んで固定するタイプです。

やはり大画面で、カーナビアプリ(現在はGoogleMapからYahooカーナビに乗り換えました)を使うと、視認性が一段とアップして見やすいです。特に老眼が入ってきた私の年齢には大画面はいいです。

しかし、大画面になるとそれなりに重量があるので固定方法も考えないと実用的ではありません。運転中にiPadが落ちてしまっては大変です。ですので、固定方法がゲル吸着盤の車載ホルダーより安定するであろう、CDスロット挿入タイプにしました。このCDスロット挿入タイプにかかわらずiPadくらいのサイズのタブレットを取り付ける場合、その位置もよく検討する必要があります。画面が大きいので、その後ろ側のものが見えなくなります(完全に密着しているのではないので操作等はできますが)。

車載ホルダー CDスロットタイプにiPadAirを装着しました。大画面が見やすい

車載ホルダー CDスロットタイプにXperiaZ3を取り付けたところ

まあ、iPadなどではアプリでラジオや音楽を聴いたりできるので、実際カーオーディオの利用頻度は少なくなるので、そんなに悪影響はないと思いますけど。実際私が聞いているのはFMラジオ局数局だけです。実際カーオーディオというよりもブルートゥース対応のアンプとスピーカーだけがあればいいくらいの思いです。

この製品に限らずCDスロット挿入タイプの車載ホルダーは、CDスロットの下側にボタンなどがあると取り付けることができないので注意が必要です。やはり車に取り付けるので、振動を防ぎ安定させる意味でも、製品のCDスロット挿入部分の下側に緩衝部品があります。これがカーオーディオのボタンやスイッチと干渉しないかを確認する必要があります。

車載ホルダーをCDスロットに挿入して、下から見た写真です。CDスロットの下にスイッチ類があると干渉してしまい取り付けられません

車載ホルダー CDスロットとiPadAir接続部です

事実、仕事で利用したダイハツのミラやミライースには取り付けることができましたが、日産のモコには取り付けられませんでした。(すべてカーナビ装着車ではなく、メーカーのCD付きカーオーディオ装着車です)
Satechi CDスロット取付型ホルダー (5–11インチ型タブレット用) (iPad/Air/Mini, Galaxy Tab, Nexus, Microsoft Surface対応)

ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク