スポンサーリンク

PS4リモートプレイ

PS4リモートプレイのソフトを ココ からダウンロード&インストールしてみました。

で、早速実行です。なおワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)はUSB接続にしました。

プログラム起動します。
PS4リモートプレイ

同一ネットワーク内のPS4を探し始めますPS4リモートプレイ 接続中

いつものおなじみの画面が表示され無事接続できたことがわかります。

PS4リモートプレイ

あとは通常と同じようにコントローラーが使えるようになります。全画面で、FF15をプレイしてみました。

PS4リモートプレイ FF15

ゲームの動作に関しては、反応の遅延はありますが、ゲームの妨げになるような遅さではありませんが若干感じられます。

FPSゲームなどの場合はイライラするかもね

実際のリモートプレイを実行しているPCは
AMD A10-7860K + HD6770
メモリ8GBですけど、CPUにそんなに負荷がかかるというものではありませんでした。それよりも、ネットワークの転送速度に依存するようですね。

PS4リモートプレイ CPU負荷

バトル中でもCPU負荷はそんなに高くありません。

やってみた感想は、実用上問題ないレベルと感じます。リビングにPS4(初期型)+大画面テレビ(BRAVIA KDL-42W650A)の構成でいつもはやっていても、大画面テレビが使えないときは自室のPCでプレイも十分楽しめます。

ただプレイのとき感じた、画像がちょっと眠い感じと感じました。なんとなくぼやけてる?感じですね。

これは、ただ単に設定を何もしていないための標準設定であったことがわかりました。

PS4リモートプレイ 設定

指定しなければ

解像度 標準(540p)
フレームレート 標準

となっていたためです。

これを解像度 最高1080p、フレームレート 高にしてみました。するとこんな警告が出ました。

PS4リモートプレイ PS4Pro

CHU-7000ということはPS4Proということですね。私のPS4は初期型ですので、実質720pでのプレイとなり、初めてプレイしたときよりも画面が鮮明になりました。

PS4リモートプレイ CPU負荷

フレームレートを上げると若干CPUの」負荷に影響があるようです。

とまあ、簡単にPS4リモートプレイのレビューでした。

ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク