スポンサーリンク

ブレードランナー 2049 MX4D

今回は、ブレードランナー 2049をMX4Dのスクリーンで見てきました。
ちょいMX4Dとはどんなものかのうんちくを書くと・・・

MediaMation社が開発した、「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」
体感型4Dシアターシステム
客席シートが、前後・左右・上下に動く
風・ミスト・香り・ストロボ・煙・振動などの特殊効果が11種類ある。

・シート効果
バックポーカー(背後)
背中を突くような効果

ネックティクラー(首元)
首筋に何かが触れるようなゾクッとした感覚

セント(香り)
シーンに合わせた香りが場内に漂う

ウィンド(風)
そよ風や向かい風など、自然な風

ウォーターブラスト(水しぶき)
突然の雨などに合わせて水しぶきが飛んできます

レッグティクラー(足元)
押し元に何かが触れるような驚き

エアーブラスト(噴射)
瞬間的な突風が顔に吹き付ける

シートポッパー(突き上げ)
下からの衝撃とともにカーチェイスが楽しめます

ランブラー(地響き)
大地が震えているような地響き

・劇場効果
フォグ(霧)
山や湖などに広がる霧が漂う

ストロボ(閃光:5色対応)
爆発や雷鳴が轟くシーンで、強烈な閃光が走る

てな感じです。

正直、長い映画ではあんまり効果がないと思いますね。やっぱりUSJやTDRのアトラクション映像と同じような効果は、映画の場合慣れてしまうので、マサージの振動ぐらいに感じてしまいます。

ただ、映画のシーンで「花の匂いを嗅ぐ」ところで、花の香や、突然の銃撃のとき、風と音が顔にかかるのはびっくりしました(効果ありです)。

銃撃戦での、ストロボ発光は、やらないほうがいいです。映像作りで、光は重要な要素なので、すでに監督が意図して光を当てているのに、それに上塗りするのはやめて欲しい。

とまあ、MX4D初体験の個人的な感想です。
通常のスクリーンで見た感想はコチラ

今回は、吹替版だったので、映像をじっくり見ることができて良かったです。字幕版は字幕と映像を両方見るので、どうしても集中できないので。

字幕不要で映画を見たいなら

ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
ポチットしてくれたら小躍りして喜びます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク